LINK
クルマを売却する場合や、また所有車の売却のさいも印鑑証明というものがなければなりません。この印鑑証明という書類に関して解説しましょう。印鑑証明というのはある印鑑に対して、それが実印で間違いないという事実を保証するための書類です。この書類がなければ、その印鑑に関して実印で間違いないかどうかが実証できません。高額な売買になる車の買取ですから実印が必要になりますがそれと一緒にこの印鑑証明も必要となるのです。この印鑑証明を交付してもらうためには発行前に印鑑証明をする必要があります。登録する印は実印と呼ばれ、この世に一つだけの印鑑であることが必須です。実印を用意して、お近くの市役所などの窓口へいけば印鑑登録をすることができます。印鑑登録の手続きが完了すると、印鑑登録カードなるものがもらえて、印鑑登録をした印鑑は実印として認められたということになります。印鑑証明を発行してもらうには、市町村役場の受付で印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を記入して印鑑登録カードを持って行くだけです。さらに自動交付機を使って交付する事が可能です。印鑑証明には有効期限などはありません。なのでどんなに前の印鑑証明だとしても印鑑証明としての効力は半永久的に持続するのです。ただ、クルマ買取の際は、印鑑証明は3ヶ月以内に発行されたものとされています。ほとんどのケースで有効期限を気にする必要はないですが中古車買い取りの際には、相手側が必須となる有効期限を教えてくれるので、中古車買い取りを検討しているとしたら最初に用意しておくとよいでしょう。