LINK
自賠責保険という保険は正しくは自動車損害賠償責任保険と呼び略して自賠責保険とよばれるものです。このような自賠責保険は別名、強制保険と言われマイカーを車検に通すときには、決められた車検の期間に自賠責保険に加入していなければなりません。要はすべての自動車が加入していなくてはならない保険ということです。それでは自動車に自賠責保険が付いた状態で売った場合はどうか考えてみたいと思います。自賠責保険というのは車検の際に更新になるというケースが少なからず存在しますがもしも強制保険(自賠責保険)に入ったままの自動車を手放した時は払った金額が返金されるという事例はほとんどないのが普通です。なぜなら、自賠責保険の加入を一回外して、新たなオーナーに入れ替えるということはやや面倒くさいのです。ですから強制保険は名義変更後に自動車と一緒に移すということが基本です。しかしその代わりの価格を買取金額に乗せてくれます。強制保険(自賠責保険)は自動車税とは異なり支払った金額を月々で割り算した金額が返金されるやり方ではなく査定に乗せる手段を使うケースが基本なのですが、このことが査定に載ることはほぼありません。そのため、引き取りの場合には自動車損害賠償責任保険を考慮した額が見積額に含まれているかを確認するようにしましょう。自分で払った金額がどれくらいかを知っておけば、損をすることはないでしょう。それぞれの自賠責保険の金額は加入期間によって異なるため確認が必要です。クルマの廃車時には自賠責の名義変更をしましょう。もしも名義書き換えをしていなければ、保険の提供元から自分に自賠責の満期を知らせる便りが来てしまいます。売却を検討中のマイカーが少しでも無駄なく手放すことができることを応援したいと考えています。