LINK
車売買に関して最近流行しているのがオークションサイト経由での売買があげられます。ネットオークションの長所はまず、自動車のお店や下取りに出す時よりも高い価格で売ることができるという点です。処分をする買取相場を把握して満足がいかないと感じたのでしたらオンラインオークションに出品することによってそれより満足のいく金額で手放すということが可能性としてあります。ただ少し面倒くさいのがデメリットです。個人でネットオークション出品する時は、一般的なモバイルオークションなどを選ばず中古車の情報が豊富なサイトや中古車専門店がたくさん集うページでネットオークションに出すことが高値で売却するコツです。そういった競売サイトを利用すればいくつかのテンプレートがあるのでその通りに文字を打ち込んでいくだけで簡単に出品準備が整います。オンラインオークションで売る秘訣として中古車は画像が大切です。写真で購買者は車を見ると言えます。自動車の画像は自動車の外面はもちろん、カーテレビ等のインテリアも分かりやすく掲載するとプラスに働きます。また車両の後々のクレームを事前に防止するために傷やへこみ説明が必要な点がありましたらそういった部分も残さず画像で判断できるようにしてください。中古車を売る場合でも例外ではありません。また、記載するべき内容としてカーナビや吸気・排気系パーツ、ラジエーターや車高調整キット、スピードメーター、フロントスポイラーというような車外パーツ付きのときも、細かく説明したうえでそれぞれの写真を画像を用意しておきましょう。このようなカーオーディオやショックアブソーバー、ターボ計・ブースト計、ラジエーターキャップや足回りパーツやサイレンサー、ネオン管、サイドスポイラーといった改造用部品は凝っている人には、やっぱりプラス評価になるものです。オンラインでのやり取りの中で売却後のクレームを可能な限り抑える目的で、修理の事実や具合の悪い箇所などがあるのであれば忘れずに詳細に掲載するようにしてください。自分でネットオークションに出すのがなかなか厳しいのであれば、ネットオークションを代行してくれる業者という業種があるのでこの業者ににお願いするという手法も考えられます。このケースは一般的なオンラインオークションとは違い、愛車を専門業者間のオンラインオークションに出して買い取っていただく形になります。売る車の取引相場が一般的な査定相場ではなく、専門業者が集まる取引相場のため、一般のオークションサイトと比較してより高い入札額になる場合が多いです。競売代行専門業者のマージンを除いた形で所有車の代金が支払われるので、オークションサイト代行専門業者の質や仲介手数料次第でオンラインオークションに比べて結果的に少しだけ売却額が下回る可能性もあります。このオンラインオークションではだいぶオンラインオークション代行専門業者のノウハウに左右されることが大きいため実力のある業者を使うことが大事な点になります。インターネットオークションでのクレームは委託することになるため低いと思います。どのような競売でも言えますが、自らの所有する車にとって具合の悪いこと(傷、へこみ、故障歴など)を隠ぺいしていると、売却額が下がったり場合によってはクレームになってしまいます。自分の処分する車のことはすべて説明をしていくようにしましょう。