LINK
予想外にいきなり出会うのが事故です。ここでどう対処した内容により、自動車の保険料の受け取り額もかなり大きく違ってくる場合も想像されますので正しい考え方と対策が大事です。予想外のアクシデントで冷静さを失ってしまえば大切な対処を逃してしまい先々自分自身が損を被る状況も予測できるので車の事故に巻き込まれた時には適切に次の対応をしましょう。自動車の事故を起こした時に一番初めにするべき事は負傷した方の状況を確認する必要があります。車の事故後は動揺して喪心状態になってしまう場面がありすぐに対処できないのが普通です。なので、重軽傷者がいた場合には危険ではない場所に運んで手当てして、119番通報するなどして怪我人優先に努めることが大切です。119番通報する場面では正確な事故現場を知らせて、不明確な状況では辺りの有名な学校や地点を伝えてその住所が分かってもらえるようにします。次に110番に通報し自動車の事故があった旨そして様子を知らせます。救急車とパトカーが来るのを待っている間に事故相手のことを確かめます。姓名、住んでいるところ、TEL番免許証番号、ナンバープレートの番号、事故の相手の保険会社等お互いの内容をやり取りします。この時事故の相手方に過失があった状況ではすぐにやり取りしようとする状況が存在しますが現場で解決するのではなく、どのケースでも警察や自動車の保険会社報告して、平等に判断してもらう事が大切です。各々の身元をやり取りしたら他の人のじゃまになるのを避けるために妨げとなる物路上から取り除きます。もし妨げになった物が他者の交通の妨げになっている場合にはそれぞれの情報を交換する前にその対応をしても構いません。その次に自らのお金を払っている車の保険会社に連絡して、自動車での事故を起こしてしまった事を電話します。特定の時間の間に自動車の保険会社に知らせておかないと車での事故の保険の適用されない場合も考えられるのでできるだけ遅れることなく電話をすることが重要です。可能であれば事故内容の跡として、携帯などを使って事故や自動車の破損の状態が分かる写真をを残しておきます。その写真は落ち度の割合決定する際にとても大きな役割とできるので自分の乗用車や相手の自動車の壊れた箇所をちゃんと証拠写真として残しておくことが大切です。その場面で第三者がいたならば警察や自動車保険会社の人がやってくるまで一緒に待って頂くように頼むのも必要不可欠です。