LINK
通常、任意保険という保険は強制保険としての自賠責保険とは違って自賠責保険ではカバーされない補償を受ける保険といえます。この任意保険の注意点は自動車損害賠償責任保険の上乗せ保険という意味合いで有用なものですので、自賠責保険でカバーできる支払い能力を上回った時に機能します。また、自賠責保険だけでは物的損害については補償を受けることができないので物的損害をカバーする場合は入っておくのがいいと思います。現段階で任意保険を払っている愛車を手放す際は、国産メーカーの自動車やドイツ車というようなことは例外なく、残存金額が還付されます。これは日本の車についても例外ではありません。自動車損害賠償責任保険の場合は一般的にはかけたままにしておくのが常識になっていますが任意保険の場合、全員が加入するものではないですから、解約ということになります。それから、任意保険を解約した後は、現段階で 払っている残っているお金が戻ってくるということになります。中古車売却が決まったからといってすぐさま加入している任意保険を解約するのはリスクがあります。当たり前ですがすぐさま解約すればその分還付される額は上がりますが、もし車専門店が離れた地域にあって自分で運転していくような時は任意保険に入っていない状態で自動車の運転をすることになります。リスクを考えて、この先運転をすることはないという状況になるまでは任意保険の契約の解約の手続きはすることがないようにしなければなりません。クルマを売り新たな車に乗り換える場合でしたら問題ないと思いますがもし運転をしないような状態が継続して任意保険に加入している必要がなくなってしまったら任意保険に加入していない時があると、過去に入っていた時の任意保険の等級が下がってしまい保険料の金額が上がることがあります。そういった場合では「中断証明書」を出してもらうようにすることが必要です。この「中断証明書」で、一定期間は中断前の任意保険の等級を引き継ぐことができるのです。そして、13ヶ月以内ならば出してもらうことができますからもう愛車を手放していて「中断証明書」を発行されていないのならば、保険代理店に中断証明書を発行していないことを伝えたほうがいいと思います。仮にあなたが新しく車を購入して購入後に以前持っていた愛車を査定依頼するのでしたら、契約は片方のみの契約となります。任意保険の変更という対応になるため、運転する必要があるクルマの場合、引き取りまでには注意しましょう。そして任意保険という保険は自動車車両次第で金額が変わるので、中古車買い取りの際は任意保険の内容を見直す良い機会なのです。