LINK
クルマに乗っているあなたでしたら承知していると思いますが自動車税というものが課税されます。そして自動車税は、所有車の売却時に戻ってくる税金なのです。こういった内容は少しやってみたら直ぐに頭に入ってくると思いますがでは一つずつ順番に詳細に紹介します。あえて説明をすれば、日本販売されている自動車のみが対象ではなく外車等も自動車税が還付される対象になります。もちろん愛車もそうです。クルマを所有している人が支払い義務を負う税なのですが、これは車の排気量の大小により規定されています。1リッターより低いなら29500円1リッターから1.5リッターの場合34500円になります。その後は500cc毎に5000円増えます。これは4月1日現在ののオーナーが、年度内のお金を納めるという決まりになっています。つまりは先払いということなので当然ですが車を手放して、所有者でなくなった際では前払いした分の税は戻ってくるというわけです。税は事前納付でその年度の税金を支払うから年度内に自動車を引き取ってもらった場合には、新しいオーナーが税金の納付義務を負うということになります。買い取った相手が買取専門店の場合は売却時に所有者が前払いしている分の税額を返してくれます。まとめると、所有権が移った日以降の自動車税は新しいオーナーが払わなければなりません。例えば自分が10月のうちに愛車を売却した場合は、11月以降来年3月までの自動車税は返還されます。それは、前述した通り自動車税の場合は一年分を先払いしているということによるものです。つまり売却者は売却先に税金を返金してもらうということなのです。個人で車を買い取ってもらう際に意外にこのような大切な知識に気付かない方がよくいるので、きちんと確かめるようにしましょう。自動車税が自動車を売った際に返ってくるという知識を意外と知らない人が多いからと言って、それを言わない業者もあります。自分から税金に関して話を切り出さなければ、一切そのことには説明しないというケースもよく見られます。なので車の買い取りを依頼する場合は、払いすぎた税金が返金されることをチェックすることを忘れないようにする必要があります。